granello

靴磨き大好き!!!

靴磨きが大好きなおじさんのブログです! コメント頂けると嬉しいです・・・

シューケア用品

2 11月

吐き気がしました・・・

みなさん、こんばんは♪

今日は動くとちょっと汗ばむ感じでしたね・・・

昨日UPしたワックスの塊のようなBrightonを見ていたら吐き気がしてきました

私の求めている靴磨きはこんなんじゃないと思いながら2足ともドスッピンにしてしまいました

そして塗ったのがコロニル1909シュプリームクリームデラックスのカラーレスのみ、でも艶にしっとり

感や深みがあって以前にもこんな事があったのを思い出しました!

ガラスレザーの安っぽさ加減が軽減されるような艶だと思います・・・
1
これはがコロニル1909シュプリームクリームデラックスを塗って1日置いた状態です・・・
2
ガラスレザーですから元々艶はあるんですがコロニル1909シュプリームクリームデラックスを乗せると

上品な感じになるような気がします。
3
これをカラーレスでなくてブラックとバーガンディを塗ったらどんな感じになるんだろう?あれほど

”良く位置づけが分からないクリーム”だと酷評したにも関わらずです(苦笑)
5
コロニル1909シュプリームクリームデラックスのブラック
6
コロニル1909シュプリームクリームデラックスのバーガンディ

う~ん、ちょっと欲しくなってきちゃいました(笑)

夕方になってからもう1度クレム1925の艶を見ようとコロニル1909シュプリームクリームデラックスの

上に重ね塗り(カラーレスですからデリケートクリームとして捉えれば問題なしです)
7
クレム1925のブラックを塗ります・・・
8
クレム1925のバーガンディを塗ります・・・

もうこの時点で日が沈みかけていたので昼間のような写りはしないと思いますが一応写真に

納めました
9
やはり蛍光灯だけでは光量が足りず本来の輝きがありませんが仕方ないですね・・・
10
今月は既に買う物買ってしまったのでまた金欠です(苦笑)

購入するなら12月になってからですね!
4
今日やっとレザーフィックス注文出来ました でも届くのが11月7日(火)~11月9日(木)と遅いんです

これで1001バーニッシュドに鏡面磨きが出来るようになるのですから

以上、hide508でした!また次回お会いしましょう・・・

31 10月

江戸屋ブラシの育ち具合

みなさん、こんにちは♪

今日は今秋1番の冷え込みらしく朝はとても寒かったですね・・・室温も19.2度しかありません

今回は江戸屋さんのブラシの育ち具合と言う事で(実際まだまだですが・・・)経過を見て頂こうと

思い数枚の画像をUPしたいと思います
1
まずは未使用新品の白豚毛から比較用に撮ってみました・・・毛も全然ばらけておらず新品はこんなに

綺麗なんだと思わせる1枚です
2
白豚毛の中では1番使い込んだブラシです!1001バーニッシュドのニュートラルに使用したためブラシ

にはさほど色は付いてません。
3
お次は1001バーニッシュドのアンティーク磨きに使用したタバコブラウンです。塗ってはブラッシング

を繰り返したので短期間でこんなになってしまいました!
4
江戸屋さんのブラシの中で最も使用頻度が高かったのがこの山羊毛ブラシです!ホントこのブラシには

お世話になりました(笑)これからもガンガン使いますが順調に育ってくれているブラシだと

思います

以前にも何回も言っている事ですが1度江戸屋さんのブラシを使ってしまうと他のブラシは使えません。

最初に届いた時はちょっと持ち手が小さすぎるんじゃないか?等と思いましたが慣れるとこの大きさが

手に馴染んでとても使い易いです!白豚毛に関してはハリ、コシ共にちょうど良い感じでとても

ブラッシングし易いんです現在豚毛ブラシはブートブラックとのコラボも含めると7本所有して

いますがこれからm2508が増えていく事を考えると後数本は必要になってきますので少しずつ購入

したいと思いますみなさんも1度江戸屋さんブラシ使ってみて下さい値段は高いですがそれ以上の

価値がある事がお分かりになるはずです

以上、hide508でした!それではまた次回お会いしましょう・・・
30 10月

5種類のデリケートクリームを革に塗って比較してみた!

みなさん、おはようございます♪

また眠れません・・・只今午前4時です

暇つぶしにノワールのレノベイタークリーム、スペシャルナッパデリケートクリーム、

コロニル1909シュプリームクリームデラックス、M.モゥブレィのリッチデリケートクリーム、

タピールのレーダーフレーゲの比較を実際の革に塗布して違いを比較してみました
1
使うのはユニオンワークスで購入したラザフォード社製ブライドルレザーのシューホーンです!

(本当はスムースレザーがあれば良かったのですが靴には塗りたくないのでこれにしました)

上の画像は前回タピールのレーダーフレーゲを塗布した物で1ヶ月以上経過した

物です。これをまずツーフェイスローションで落とします・・・スッピンにした状態です!
2
まずはノワールのレノベイタークリームから塗布していきます・・・

特徴としてはカーフやボックスなどの光沢のある皮革製品に栄養と柔軟性を与え、同時に保護膜を作り

自然で美しい光沢を出します!主成分は蜜蝋、ミンクオイル、ラノリンです。
3
塗布後数分間時間を置いてSANOHATA馬毛ブラシでブラッシングしパンストで磨きました・・・

結果は後ほど比較画像をUPします。
4
お次はやはりノワールのスペシャルナッパデリケートクリームを塗ります(シューホーンはスッピンに

してあります)特徴はアニリンカーフ、シープスキンなどのデリケートなソフト革に栄養を与え、

ひび割れを防ぎしっとりとした風合いを保ちます。ワックス成分を抑えてあるため光沢効果が控え目

です。艶なしタイプのデリケートレザーを艶を出すことなくしっとりと保革します。クレム1925の持つ

効果との相乗効果が発揮され靴のコンディションを整えます(つまりクレム1925が皮膜を作り浸透した

スペシャルナッパデリケートクリームを外に出さない効果がある)お手入れ不足で革から油分が抜けて

しまった靴や淡色革の靴で靴クリームの浸透による変化が気になる場合ははじめにナッパで靴の潤いの

ベールで包んであげて下さい!ナッパが急な油分の浸透を防ぎ色の変化を防ぎます。主成分は

ホホバオイル、小麦プロテイン、ミンクオイルです。

ナッパを塗布し時間を置いているところ・・・
5
さてお次はは非常に人気のあるコロニル1909シュプリームクリームデラックスを試します!

このクリームの特徴は皮革への浸透力が高いシダーウッドオイルとラノリンなどの天然オイルを

ブレンドしたクリームで、バランス良く保革、栄養効果、柔軟性を与えます。皮革内部へと行き渡る事

で微細な皮革繊維に潤いを与え深みのあるしっとりとした艶が生まれます。フッ素炭素樹脂が撥水効果

をもたらせます。有機溶剤は使用していません!

コロニル1909シュプリームクリームデラックスを塗布し時間を置いているところ・・・
6
次はM.モゥブレィのリッチデリケートクリームです。

無色半透明でジェル状なのは従来のデリケートクリームとほぼ同様ですが主成分がより浸透性に優れた

アボカドオイルに変更、それ以外にも成分の約97%が天然由来のものとなっていて(残りの3%は

おそらく酸化防止剤のような長期保存のために不可欠なものと思われます)その結果革に自然な艶が

より長く維持できます。蝋分を含んでいないので色の薄い革やコードバンなど様々な種類の革に使える

利点があります・・・
7
最後はタピールのレーダーフレーゲです。

ドイツ生まれのタピール。バクさんの愛らしい姿が描かれたパッケージは、レンガ色ブラウンを基調と

したクラシカルな色合いに、ドイツらしいゴツゴツと無骨なアルファベットが並ぶ、まるで雑貨の

ようなキュートなデザイン。フタを開けると、ほのかに漂うオレンジ・フレーバー。

原材料は、ヤシの葉やミツバチの巣、オレンジや松などすべて天然素材から抽出・採集・精製され、

遺伝子組み換えの行われていない有機栽培のみの100%オーガニックエキスから作られています。

既存のシューケア用品のほとんどには、石油化学系薬品(タール系色素、酸化防止剤など)が多く

含まれ、手肌や環境に直接的な悪影響を及ぼすだけでなく、靴・バッグなどの皮革製品のひび割れや

柔軟性の低下を招く原因にもなっており、本来美しさを保つためにせっせと塗り込んだクリームが、

結果、大切な皮革製品の寿命をどんどん縮めてしまうという、まさに本末転倒な事実が近年分かって

きました。「天然モノ(皮革)には天然モノでのケア」が、皮革に最良であることをいち早く気付いた

タピールの創始者ボードーは、石油化学系薬品が生まれる前のシューケアの歴史まで遡り、原点回帰の

視点から現在のタピール製品を生みだしました。

手肌や地球環境に悪影響をもたらす化学薬品は一切使わず、化粧品やエステ用マッサージクリームなど

にも使用されている肌に有効な成分や、人体に無害な100%天然エキス成分だけで作られているので、

なんと直接手指に取ってケアができるんです!これまでクロスやブラシでは磨きにくかった隙間も、

指先にチョンと乗せて塗り塗り。艶の強弱などもお好みに調節できて、あとは余分なワックスをクロス

等で拭き取るだけの簡単ケアで美しいツヤ感としなやかな質感をキープできます。

甘酸っぱいアロマの香りに包まれながら、お気に入りの靴やカバンがみるみる美しく変化してゆく

手ごたえに、思わず持っている革製品み~んなお手入れしたくなってしまうかも!(FLISCO販売ページ

から引用)何分まだ数回しか使っていませんのでハッキリとした使用感はお伝えできませんが浸透力と

保革力は他の4つのデリケートクリームと比べても全く引けを取らないと思います!欠点があるとすれば

旧態依然とした瓶の容器くらいでしょうか。

さて、結果は?
8
艶はレーダーフレーゲが突出しているように思われます。次点がコロニル1909シュプリームクリーム

デラックスでしょうか?おかしいですね?ナッパはもっとマットな艶のはずなんですが結構艶が

出ちゃってますね?(苦笑)

革への吸収が1番早く感じたのがリッチデリケートクリームで艶感もまずまずです!

このような結果になりましたが参考になったでしょうか?

まぁ、この5種類ならどれを使っても全く問題ないんでしょうけど・・・

以前から言っていますが保革力はナッパが1番かと思われます。これからはタピールのレーダーフレーゲ

とノワールのナッパを主軸にしていくつもりでいます・・・

みなさんのお気に入りのデリケートクリームは何ですか?

以上、hide508でした!それではまた次回お会いしましょう・・・
29 10月

2缶のキィウイを混ぜて柔らかくする

みなさん、こんにちは♪

しかし、嫌な雨ですね~・・・しかも寒いし

先程作業を終えたばかりですが何故か?使いかけのキィウイのパレードグロスプレステージの

ニュートラルが2缶あったので1缶にまとめてみました!
1
なぜ2缶も使ってしまったのかは記憶にないんですけど両方とも使ってあるんですよね(笑)
2
ご覧の通り、こんな状態で使い難くて作業効率も悪くなりますので・・・

左側のワックスを右に移動しました!
3
ちょっと量が多すぎるかな?と思いましたが堅く詰めてしまえば大丈夫だろうと思いこの上に蓋を

しました・・・
4
で、ミラーグロスを柔らかくした時のようにラップで包んでいてふと思ったんですが電子レンジでも

いけるんじゃないか?と・・・
5
で、早速電子レンジに入れて取り敢えず8分間温めてみましたがあまり柔らかくなりませんでしたので

追加10分にセット!10分経ってから取り出し(手で持てないくらい熱くなってるかと思いきやそんなに

熱くなかったです)蓋を開けると混ぜるのにちょうど良い柔らかさになっていました

今回は医療用のスプーンで表面をならしましたが前回のお湯浸しよりもワックスが柔らかいので作業が

楽でした・・・
6
表面をならしてこんな感じになりました!これでまた使い易くなりますね

みなさんも電子レンジでチン、試してみませんか?楽ですよ~

以上、hide508でした!

それではまた次回お会いしましょう・・・




28 10月

グラデーションを修正

みなさん、こんにちは♪

今日はまた寒いですね、台風の影響で月曜日までは荒れ模様みたいです

昨夜はWilliam Tempsonさんとスカイプをしながら靴磨きをしてました!

Tempsonさんはスコッチグレインを、私は相変わらず1001バーニッシュドを・・・

コメントでアンティーク仕上げのグラデーションを指摘されましたのでそこを重点的に修正しました!

今日は外は寒そうなので室内で撮影です
1
如何でしょう?前回のアンティーク仕上げよりはグラデーションが効いてると思うのですが・・・
2
今回は足し算ではなく引き算を選択しました!
3
みなさんはご存じでしょうか?クレム1925のニュートラルで汚れや古いクリームを落とす事が出来る

のを・・・クレムのニュートラルを多めに塗って時間を置いてから拭き取ってあげると落ちるんです
4
新たにタバコブラウンを乗せてしまうと色が濃くなってしまいますのでクレムのニュートラルを塗布

して時間を置いてから豚毛ブラシでブラッシングする事で色を馴染ませたと言う訳です。
5
左足のグラデーションは綺麗に出来たと自負していますが左足は購入時からラインが入っていて

リムーバーを塗っても落ちませんでした・・・
6
私はこれで大満足ですが(笑)
7
実際、ホント言うと前回の焦がしはちょっと濃すぎたかな?と感じていましたのでこれくらいが

ちょうど良い感じに私には見えます
8
後はこれで鏡面磨きが出来れば文句なしなんですけどTempsonさんに教えてもらったある物を塗ると

また鏡面磨きが出来るらしいんです(後ほどその正体を明かしますが・・・)
9
クレムのニュートラルを使っての作業でしたが1度塗って時間を置いてブラッシングを2回繰り返して

いますからコスト的にはちょっと勿体ないですね(苦笑)
10
ですがそれが最良のやり方だと思い実行した訳です
11
”今日の1枚”はこの画像で決まりですねクレム1925特有の”色気のある艶”がしっかりと写っていますし

アングルも自分好みです(笑)
12
前方から見ると前回のアンティーク磨きよりも色が薄くなっていると思います。
13
履いた画像もUPしておきます!最近頻繁に履いているせいでしょうか?以前より羽根も閉まるように

なってきました!
14
どうやら私は右足の方が甲から足首にかけて太いみたいですね・・・羽根の閉まり方を見ると良く

分かります
15
革も大分柔らかくなってきましたし長時間履いていても全く疲れません
16
インソールが沈み込んでいくまでには至っていませんが時間の問題でしょう・・・
17
こうして見ると羽根の閉まり具合が一目瞭然ですね!
18
これがクレム1925の艶です!良い艶していますでしょ?クレム1925をまだ使われた事がない方には

是非お勧めします

さて、Tempsonさんから教えてもらった液体とは・・・
19
これです!その名もレザーフィックス♪水性万能仕上げ剤でこれを塗ると革表面にコーティングされる

ようで荒れてしまった革でもツルツルになるそうです!
20
これを塗った記事が明日TempsonさんのブログにUPされる予定なので興味のある方はご覧になってみて

下さい!
21
説明書きには刷毛か布で塗布と書いてありますがTempsonさんは指で塗るそうです・・・

今、悩んでるところなんですが刷毛も調べたらAmazonで¥230で売ってるので失敗した時のために

刷毛も購入してしまいそうです(苦笑)

う~ん、悩む・・・

以上、hide508でした!
記事検索
ギャラリー
  • Brightonをクレム1925バーガンディで磨く
  • Brightonをクレム1925バーガンディで磨く
  • Brightonをクレム1925バーガンディで磨く
  • Brightonをクレム1925バーガンディで磨く
  • Brightonをクレム1925バーガンディで磨く
  • 1001バーニッシュド フルメンテ
  • 1001バーニッシュド フルメンテ
  • 1001バーニッシュド フルメンテ
  • 1001バーニッシュド フルメンテ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ