みなさん、こんばんは♪

今日は半袖だとちょっと肌寒い1日でしたね!みなさん如何おすごしでしょうか?

こんな日にちょうど良い物が届きました♥
1

Leeのウエスターナージャケットです!通称100-Jですが販売サイトにもタグにもなんの表記もなくただ

ウエスターナージャケットとしか記載されてなかったので・・・

ウエスターナーはヴィンテージ物持ってたんですけどどこ行っちゃったか分からないし(確か3万円台で購入した

と記憶しています)
2

ここでウエスターナーにまつわる話を少し・・・

Leeは1959年、「西部の人」を意味するウエスターナーを発売します。1959年当初はカウボーイ用のアイテムと

して販売されていたのですがコットンウィーブというサテン生地の着やすさとオフホワイトカラーがアメリカ東部

の学生の間でブレークしました。
3

素材がコットンサテン地という以外はデザイン、ディテールはほぼ101-Jと同じです。

基本デザインは1959年のデビュー以来全く変わっていない不朽の名作です!
4

当初は101-Jと同じくRIDERSボタンが使用されていましたが60年代に入るとLeeのみのロゴのボタンと

なります。以前も書きましたが昔一緒に働いていたデニム好きの後輩がLeeから発売されたウエスターナー

ジャケットのボタンのRIDERSの文字を何とかして削ろうと奮闘していたのを懐かしく思います・・・
5

それから腰のアジャストボタンは101-Jと違いネコ目ボタンではないんですよね!このボタンが樹脂製なのは

カウボーイが鞍を傷つけないための配慮だとか。コテコテのワークウェアであるリーバイスとは一線を画す

スタイリッシュな意匠ですね♪
6

これがアジャストボタンです!ウエスターナーのレプリカは最初エビスジーンズの物を着倒しましたね!

2着目は良く覚えてないんですが3着目がヴィンテージ物、で今回のが4着目になりますが肩幅がちょっと狭い

んでとても窮屈です。袖丈はちょうど良いんですけど手を洗ったりすると袖が一気に持って行かれる感じです。

でもコットンサテンって着ててとても気持ちが良いんですよね♥春先は1着持っているととても重宝します!

この調子だと年内には101-Jも買ってしまいそうです(汗)コルドヌリ・アングレーズのビーズワックスクリームも

試してみたいですし!物欲が止まりません(>_<)

”靴磨き大好き!!!”って題名のブログなのに肝心の靴が1足もないなんてシャレにならないですよね(苦笑)

もう暫くお待ち下さい・・・6月の中旬には新しいm2508が届きますし、その後にはオレンジヒールさんのリペア

センターからビーチナットバーニッシュドも戻ってきますので乞うご期待!!!

それでは今日はこの辺で・・・

追記⇒先日R&Dに電話して確認したところヒラノブラシとSANOHATAブラシの毛量は全く同じとの事でした!