みなさん、こんばんは♪

今日はお昼過ぎから凄い雨で窓開けっ放しにしていたら部屋の中まで雨が( ̄0 ̄) すぐにクイックルワイパーで

拭き事なきを得ましたが来月はもう梅雨入りですもんね・・・

さて肝心のSANOHATAブラシですがヒラノブラシの完コピなどと言ってしまいましたが全然別物でした!

順を追って話を進めますね・・・
1
こんなパッケージで届きました・・・

説明文には”紗乃織刷子 日本の熟練した職人の知識と技術、そして厳選した素材を使って、一本一本丁寧に

作られている高級ブラシです。持ち手部分は上質な天然のブナ材を使用し、オイルステインという技術で深みの

ある雰囲気に仕上げています。なめらかなカーブはブラシが抜けやすく、グリップしやすいように溝を彫り込んで

いることで抜群の使用感を実現しました。また、持ち手部分の曲線に対して、毛の植え込みは毛を直線に揃える

という技法を採用しています。ブラシの最も重要な部分である毛は、目利きのある職人が厳選し、耐久性と

弾力性に優れた天然の豚毛を使用。これらの特徴により、皮革製品用ブラシの基本性能である「払う」、

「伸ばす」、「光らせる」を効果的に行うことが出来ます。”と書き記してあります・・・
2
クラフツマンシップ オブ ジャパンの文字が・・・日本の物作り魂ってとこですかね!
3
毛のハリ、コシは手をブラッシングした感じではヒラノブラシと同等な感じがしました!
4
毛の植え込みの多さはヒラノブラシよりも若干多いような気がします。
5
説明通り持ち手はRを描いてますが毛の植え方はまっすぐですね・・・
6
持ち手にはSANOHATA BURSH Made in Japanと刻印されてます。
7
持ち手のカーブはヒラノブラシと大差ないです・・・
8
毛の植え込みのアップですが私の目にはヒラノブラシよりも多いような気がするのですが・・・?
9
左がヒラノブラシ、右がSANOHATAブラシ・・・半年間使った物と新品を比べるのは難有りでしょうか?
10
重さも量ってみました!ヒラノブラシは106.9g。
11
SANOHATAブラシは970gとヒラノブラシと比べると約10g軽いんですね~!

後、細部を計測しましたのでそちらも参考にして下さい・・・

ヒラノブラシ         SANOHATAブラシ

柄の長さ   17.8㎝        柄の長さ  18.0㎝
柄の幅    4.7㎝        柄の幅      4.7㎝ 
柄の厚み     0.9㎝                      柄の厚み   1.0㎝ 
毛足の長さ    2.2㎝        毛足の長さ    2.3㎝
重さ     106.9g        重さ     97.0g

12
両者が決定的に違うのは持ち手の溝の深さでSANOHATAブラシの方が溝が深くしっかりホールド出来るのは

SANOHATAブラシの方ですね!で、実際に靴をブラッシングしたらどうなのか?梱包してあるビーチナット

バーニッシュドをわざわざ開梱して両方ブラッシングしてみましたが・・・
13
ヒラノブラシでブラッシング・・・使い慣れた感触ですのでいつも通り磨く事が出来ました!
14
SANOHATAブラシでブラッシング・・・んっ、同じ力でブラッシングしてるのになぜかソフトタッチ?毛足の長さが

0.1㎜違うだけでこんなに当たりが違うのか?手をブラッシングした時はヒラノブラシと同等の感覚でしたが実際

にこうも違うとは思いも寄りませんでした!まぁ、今日届いたばかりですし使い込めば変わってくると思います

ので暫くは様子見ですね・・・

それでは今日はこの辺で失礼します<m(__)m>