granello

靴磨き大好き!!!

靴磨きが大好きなおじさんのブログです! コメント頂けると嬉しいです・・・

24 9月

Tricker's イギリス本国のHP

みなさん、こんばんは♪

トリッカーズのイギリス本国のHP(http://www.trickers.com/uk/)観てるとヨダレもんです♥

インスタグラムもあるんですけど半端じゃない数の画像があって観ていて飽きないですし販売ページも日本に

入ってない物があったりトリッカーズファンの方は必見です!

何枚か画像コピーしましたので観て下さい・・・
1


2


3

上の3枚はエイコンアンティーク・・・1番人気なのが分かるような気がします!
4


5


6

こちらはC-SHADEのタン!この色も良いですね~♥
7


8


9

マロンアンティークです!エイコンアンティークの次に人気のあるモデルですね!
10


11


12

HPではエスプレッソとしか表記がないんですけどたぶんバーニッシュドでしょう!
13


14


15

こちらもビーチナットとしか表記がないんですが画像を見る限りバーニッシュドでしょうね・・・

このカントリーブーツ、MALTON(モールトン)とSTOW(ストウ)と表記が2種類あるんですけどラスト(木型)は

全く同じ4497Sで違いは使用している革が別なだけで形状は同じなんです。販売ページでは圧倒的にSTOW

の方が多かったですけど・・・この5足の中で1番好きなのはやっぱりビーチナットバーニッシュドですかね?

私が購入したビーチナットバーニッシュドとは全然色味が違いますけど格好良いですよね~♥

是非みなさんもアクセスしてみて下さい!

それではまた次回お会いしましょう・・・
24 9月

ネタがないので過去の画像を・・・

みなさん、こんばんは♪

また眠れません・・・

遅ればせながらウィリアム・テンプソンさんのブログ拝見しましたが凄い鏡面磨きですね!自分の鏡面磨きなんて

大した事ないのが良~く分かりましたが以前にも書いた通り実用的には脱脂綿磨きくらいで私は十分です・・・

そう言いながらも一方でカントリーブーツでもタウンユースなのだからウィリアム・テンプソンさんみたいに

ビッカビカに磨いてみたい気持ちもあったりします(苦笑)でも難しそうえすからやっぱり私は脱脂綿磨きで良い

かな?(笑)

今回は表題通りストックしてある過去のm2508をUPしたいと思いまず・・・
1

まずはマロンアンティークからです。ハイシャインも控え目ですね・・・全体が赤っぽく見えるのはM.モゥブレィの

シュークリームジャーのレッドブラウンで磨いていたからでしょう!マロンアンティークも買い直すつもりです♥
2

お次はエイコンアンティーク!ウィングのステッチが白くなってるのはノワールのミラーグロスを使っているから

です。m2508の中では1番人気のあるのがこの色ですね!
3

ビーチナットアンティークです。購入当初はもう少し明るい色してたと思うんですが中途半端な色に見えたので

クレム1925のダークブラウンを乗せたらこんな感じの色になりました。
4

コーヒーバーニッシュド。こいつはかなりのお気に入りでした!良い色してますでしょう?惜しい事しました・・・
5

1001バーニッシュドカーフ レッドダイナイトソールです。以前も書いたと思うんですけど革質がきめが細かくて

最高でした!これもかなりのお気に入りだったんですけどね~・・・

まぁ、自業自得ですから仕方ありません!これからは細心の注意を持って磨いていきます!!!

hide508でした・・・




21 9月

なかなか興味深いサイト見つけちゃいました!

みなさん、こんばんは♪

ここ数日眠れず頭がガンガンしてます(T_T)

山羊毛ブラシについて色々調べていたらなかなか興味深いサイト見つけちゃいました♥

サイト名は"Double Sole"(http://doublesole.com/home)靴の投稿ページがあって兎に角色んなブランドの靴が

観られたり(ジョン・ロブは勿論、エドワード・グリーンやトリッカーズなどなど凄い量の靴が投稿されていて

観てて飽きません。)勿論私も9足程投稿しちゃいました(笑)7足がm2508で2足がBrightonですけど・・・実は私

今の趣味の前は中国のオオクワガタのブリーダーを10数年していてアイコンがオオクワガタなんですぐに分かる

と思います!良かったらLikeクリックしてやって下さい(笑)他にもブリフトアッシュの”THE CREAM”の情報やら

靴磨き職人の紹介やインタビューなど見所満載のサイトなので靴好きの方なら観て損はないと思います!

長谷川裕也さんのインタビューでノワールのクレム1925が顔料が多くてトリッカーズのカントリーには向いている

けどキメのの細かい革にはボテッとし過ぎるなんて書いてあったり(そんなの初めて知りました・・・)

すぐにお気に入りに登録しちゃいました♥初心者の方も学べるサイトなので敷居は高くないと思いますので是非

アクセスしてみて下さい(^^)

短いですが今夜はこれで失礼します・・・
20 9月

一体どっちが正解なんだろう?

みなさん、こんにちは♪

今回は山羊毛ブラシについて気になっている事を書きます・・・
1

ほんの少し育った江戸屋さんの山羊毛ブラシ!
2

同上。
3

同上。

ちょっとこの動画を観て頂けますか・・・

いつも観ているスバル奥野の『兎にも角にも靴磨き』ですが”山羊毛ブラシは育つ”と奥野さん言ってますが、私が

江戸屋さんにブラシのケアの仕方を問い合わせた返答がこう言うものでした・・・

”山羊毛の仕上げ用は特殊なブラシです。

鏡面仕上げ等された後の靴の光沢面に曇りが出ないようにソフトにブラッシングする

ために製作しました。

山羊毛にクリームの付着は厳禁です。

やわらかい毛先でワックス等が固まってしまうと、ブラシ本来の効果が得られなく

なります。

また、ブラシ表面から飛び出した毛は抜かずにハサミでカットしてください。

鏡面仕上げをされた後のフィニッシング(艶出し)や、ホコリ払いとしてご使用に

なってください。”

クリームの付着は厳禁です・・・う~ん、奥野さんの言ってる事と真逆ですよね?

豚毛ブラシが育つってのは分かるんですけど山羊毛ブラシはどちらが正解なんでしょう?

困ったもんだ(笑)

ちょっとリサーチしてみます!何か分かったら追記として書きますね!

それではいったん失礼します・・・
19 9月

イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム ブラック総括

みなさん、こんばんは♪

今日は昨日より楽でしたね!でもまだセミが鳴いています・・・きっとアブラゼミでしょう!

さてBrightonのブラックにクレム1925とビーズリッチクリームを塗布してから1ヶ月弱が経過しましたがその後

どうなったか?ご報告します!
1

艶はやはりクレム1925の方が上でしょうか?左がクレム1925、右がビーズリッチクリームです。

他の部分も見てみましょう・・・
2

この角度はあまり差がありませんね。
3

ヒールも大差なしです。
4

こちらはクレム1925、やはり艶は持続性があるように思われます。。。
5

こちらはビーズリッチクリームです。やはり艶はクレム1925の方が上ですね!
6

クレム1925です・・・やはり艶はありますね!
7

ビーズリッチクリームです!クレム1925と比べると見劣りしてしまいます・・・

深みはビーズリッチクリームの方が上だと思います。コストパフォーマンスの点でもクレム1925よりも良いです

し乳化性クリームとしては素晴らしいクリームだと思いますが私としてはより艶の出るクレム1925の方が好み

です♥ 人それぞれ好みもあるでしょうからご自分で使ってみて好みの方をチョイスされるのがよろしいかと

思います・・・

写真を撮った後、リムーバーでスッピンにしてOxbloodと同様にコロニル1909シュプリームクリームデラックス

だけで磨いてみたらなかなか良い感じの艶が出てちょっと見直しました(笑)
8


9


10

どうでしょう?画像だと分かり難いと思いますがしっとりとした艶が出ました!ガラスレザーとの相性が良いん

ですかね?

それではまた次回お会いしましょう・・・
17 9月

デリケートクリームについて part5

みなさん、こんばんは♪

今日は薄着だとちょっと寒いですね。降り止まない雨が気持ちを憂鬱にさせます・・・

今回はタピールのレーダーフレーゲについて(これをデリケートクリームと呼んで良いのか?ちょっと迷いますが)
6

ドイツ生まれのタピール。バクさんの愛らしい姿が描かれたパッケージは、レンガ色ブラウンを基調とした

クラシカルな色合いに、ドイツらしいゴツゴツと無骨なアルファベットが並ぶ、まるで雑貨のようなキュートな

デザイン。フタを開けると、ほのかに漂うオレンジ・フレーバー。

原材料は、ヤシの葉やミツバチの巣、オレンジや松などすべて天然素材から抽出・採集・精製され、遺伝子

組み換えの行われていない有機栽培のみの100%オーガニックエキスから作られています。

既存のシューケア用品のほとんどには、石油化学系薬品(タール系色素、酸化防止剤など)が多く含まれ、

手肌や環境に直接的な悪影響を及ぼすだけでなく、靴・バッグなどの皮革製品のひび割れや柔軟性の低下を

招く原因にもなっており、本来美しさを保つためにせっせと塗り込んだクリームが、結果、大切な皮革製品の

寿命をどんどん縮めてしまうという、まさに本末転倒な事実が近年分かってきました。

「天然モノ(皮革)には天然モノでのケア」が、皮革に最良であることをいち早く気付いたタピールの創始者

ボードーは、石油化学系薬品が生まれる前のシューケアの歴史まで遡り、原点回帰の視点から現在の

タピール製品を生みだしました。

手肌や地球環境に悪影響をもたらす化学薬品は一切使わず、化粧品やエステ用マッサージクリームなどにも

使用されている肌に有効な成分や、人体に無害な100%天然エキス成分だけで作られているので、なんと直接

手指に取ってケアができるんです!これまでクロスやブラシでは磨きにくかった隙間も、指先にチョンと乗せて

塗り塗り。艶の強弱などもお好みに調節できて、あとは余分なワックスをクロス等で拭き取るだけの簡単ケアで

美しいツヤ感としなやかな質感をキープできます。

甘酸っぱいアロマの香りに包まれながら、お気に入りの靴やカバンがみるみる美しく変化してゆく手ごたえに、

思わず持っている革製品み~んなお手入れしたくなってしまうかも!(FLISCO販売ページから引用)

何分まだ数回しか使っていませんのでハッキリとした使用感はお伝えできませんが浸透力と保革力は他の

4つのデリケートクリームと比べても全く引けを取らないと思います!欠点があるとすれば旧態依然とした瓶の

容器くらいでしょうか。

この方も使われていますね・・・ご覧の通りクリームではなく乳液です!

また使ってみて気がついた点などありましたらご報告します♪

それではまた次回お会いしましょう・・・


17 9月

デリケートクリームについて part4

みなさん、こんにちは♪

昨夜も一睡も出来ず寒気のするhide508でございます・・・
5

さて今回はコロニル1909シュプリームクリームデラックスの私なりの評価です。

【特長】

・皮革への浸透力が高いシーダーウッドとラノリン等の天然オイルをブレンドしたクリームです。

・バランス良く保革/栄養効果/柔軟性を与えます。

・皮革内部へゆきわたることで繊細な皮革繊維に潤いを与え、 深みのあるしっとりとしたツヤが生まれます。

・フッ化炭素樹脂が撥水効果をもたらします。

・コードバン/ブラッシュレザー(特殊研磨加工した革)に効果的です。

※有機溶剤は使用しておりません。

と説明書きされていますが確かに深みのあるしっとりした艶が出ますがクレム1925の色気のある艶に慣れて

しまっている私にはちょっと物足りなく感じてしまいます!デリケートクリームとして捉えれば良いのか?只の

乳化性クリームとして捉えれば良いのか?どっちつかずのクリームに思えて仕方がないんです・・・

使用感はノワールのレノベイタークリームと似ています。
7

夜中にふと思い立ってBrightonのOxbloodをスッピンにしてコロニル1909シュプリームクリームデラックス

だけで磨いてみました!ガラスレザーでも浸透するのには驚きましたがやはりこのクリームだけの艶では私は

満足出来ません!巷での評価はとても高いクリームですが私の好みからはちょっと外れていると思います・・・

残念ですがもう購入する事はないでしょう。

短いですが今日はこの辺で失礼します・・・
記事検索
ギャラリー
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
  • Tricker's イギリス本国のHP
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ